地域に寄り添う琉球銀行

外貨預金の基礎を知ろう


外貨預金のメリットとデメリット

外貨預金とはその名の通り、外国の通貨建てで預金をする金融商品ですが、円預金と比較してどんなメリットやデメリットがあるのでしょうか?

まずメリットですが、第一には高金利であることが挙げられます。日本円に関してはもう長い間低金利が続いており、外国通貨との金利差に関心が集まっています。外貨定期預金ともなると尚更金利の高さに目が行きます。

次に、外貨預金では為替差益を受け取る事もできます。預入した時と比べて円安になるほど大きな利益が生まれる事になります。そして、外貨預金で資産を運用することで世界経済や社会情勢に目を向け、興味を持てるようになる事も大きなメリットでしょう。

デメリットはどうでしょう。まず、メリットとして挙げた為替差益とも関連しますが、預入れした時と比べて逆に相場が円高に進んでしまうと、為替差損が生じてしまいます。円高が急激に進めば、場合によっては大きくなった為替差損で元本割れを起こす事もあります。また、外貨預金では預入時と払戻時の往復で為替手数料が必要になってきます。外貨の出し入れが頻繁になれば、その都度手数料がかかることになってしまいます。

そして、外貨預金はペイオフ、つまり預金保護の対象外であることが挙げられます。日本ではごく一部の金融機関を除いて、円預金の元本1,000万円までとその利息までは保護されることになっていますが、外貨預金は保護の対象になっていません。万一外貨預金をしている銀行が破たんしてしまったら、お金は返ってこない事になります。

メリットとデメリットを挙げてみましたがいかがでしょうか?金利や為替手数料については、大手都市銀行と比べてネット銀行の方がかなり有利に設定されています。特に住信SBIネット銀行の外貨預金は手数料の安さと利便性で定評があります。その他のネットバンクでも個性的でお得な商品が提供されています。どの銀行も不定期に金利キャンペーンを行っているのでこまめにチェックする事でデメリットは小さく、メリットは大きくすることができそうです。

外貨預金は極めて投資に近い性質を持っています。ただ預入をするだけでは充分ではありません。外貨預金で失敗したという人に共通しているのは預けたままにしている事だとも言われます。為替レートに気を配り、日々社会情勢をチェックする事で為替変動リスクは小さくすることができます。

普段使っている円預金と同じように預入ができる、現在取引のある金融機関でなら比較的手間をかけずに外貨預金口座を開設が可能である、株式投資やFX投資、投資信託などは本格的で難しそうだ、などの理由で外貨預金は人気を集めています。確かにリスクはありますが、自分の資産を管理し運用する良い機会です。円預金だけでなく外貨預金を始める事は資産を守る分散投資の第一歩にもなりますし、外国為替を知る事で得られるものはきっと多いはずです。